New entry

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

仔犬の扱いについて。 

は!また放置してしまったっ!

皆さまこんにちは。
前回告知させて頂きました通り
今回のエントリーは、『仔犬を迎えるにあたって』準備する事柄、物品、及び注意点などを少々書かせて頂きたいと思います。
私どもが仔犬をお譲りする際、
譲渡確認書にも記載してあります通り
必ず1回以上のご面会をお願いしておりますが
実際我が家にお越し頂きお話していますと
意外と、、、脱線しがちな内容になってしまいますし(まぁ、私のせいですけどね。笑)
限られたお時間では到底説明しきれないことから
お迎えを待つ間の準備の参考になれば、と。
という訳で
以下の内容に関しては
ほぼ!Velvet tailsから仔犬をお迎えになる方(すでになられた方)専用の記述となりますので
ご了承ください。

仔犬を迎える際
飼い主さまの方でご用意頂くのは…

☆バリケンネル
422.jpg
※これが♯500サイズです。

これは、室内のハウスですが
成犬になっても使えるよう、初めからオトナサイズのものをご購入頂きます。
牡で、#500
牝は若干一回り小さいサイズでも構いませんが
やはり室内ハウスですので、少々ゆったり目に、同様の大きさのものが無難です。

ゲージで同じサイズもございますので
ご自宅の雰囲気や飼い主さまの好みで選んで頂いて構わないと思います。
バリケンネルのメリット…周囲を壁で覆われているため、犬が落ち着きやすい。
防寒率も高い。
その為反作用にて、夏のエアコンが多少効きづらいのでそれなりの場所に設置頂くか、または設定温度を低くする場合も考えなければならない。
ゲージのメリット…夏はエアコンが効きやすい。人から中の様子をうかがいやすい。
防寒率が薄いので冬場は布などで3面及び天井部を囲ってあげるなど工夫が必要。
但し、その囲ってある布を引っ張り込んでいたづらすることが想定されるので誤飲の危険性などには
十分注意が必要。

※サークル内にて、トイレ、ハウスなどを囲ってスペースを作ることもよくありますが
ワイマラナーの場合、一番怖いのは誤飲による急死です。
トイレシーツ、布、敷布、おもちゃ、犬種故の好奇心からそれを黙って見過ごせる個体は少ないと思います。
室内トイレのトレーニングの為に、と思われる方も多いかと思いますが
そのような場合でしたら囲むのはトイレだけ
ハウスから出したらすぐにトイレサークルへGO!の方が安全で、且つ、覚えが早いと思います。


☆車用のバリケンネル

001_20141022193232193.jpg
※両脇が♯400 真ん中上が♯500です。これを固定してあります。

アウトドア派でなくとも
必ず車に犬を乗せる機会はあると思います。
私の経験と安全運転の為、出来れば車用に1台バリケンをご購入頂くようお薦めしています。
車用は、ワンサイズ小さ目で大丈夫です。
牡牝ともに、♯400でも良いと思います。
ネットゲージをご使用される方も多いのですが
おそらく、、、
破壊されます。笑
何よりも
もしもの事故の際
ネットゲージでは犬を衝撃から守れません。
これはお互いの命のためです。よろしくお願いします。

☆首輪
初めて用意するものは、アジャスターの付いているようなハーフチョークで良いと思います。
あっという間に成長しますので
多少サイズ調整が出来るものを。
リードは、好みのもので大丈夫です。
(私は、革製 幅1cm弱、長さ150cmくらいのものを使っています。)

☆フード
仔犬ちゃんをお渡しする際に
使用しているフードをお渡ししますので用意して頂かなくて大丈夫です。
環境の変化に対応するまでは
お腹を壊す要因が少しでも軽減されることを願い
ほぼ一か月分お渡ししています。

☆フードボウル
これは飼い主さんの好みで大丈夫です。
ただもし気にして頂けるのであれば
歯の生え代わり時期ですので
歯を器に押し付けて食べる癖のある子などは
シリコン製などの柔らかい材質のものが有効かもしれません。
(但し食後器を早々に片づけてしまわないと、齧って破壊する可能性もあります。

☆トイレ
大型犬用のトイレ、かなり大きいデス。
メッシュタイプで全面シーツを挟み込めるモノが良いです。
(トイレシーツの誤飲を防ぐため)
シーツは、スーパーワイドサイズ1枚敷くよりも
ワイドサイズを二枚並行して敷いた方が
排泄した箇所だけ交換できますので経済的です。
ど真ん中に排泄した場合は、、、、潔く諦めましょう。笑

☆床について
003_20141022195303f32.jpg
※うちの場合は全面にタイルカーペットを敷きました。廊下も同様です。

大型犬を飼いたいのであれば
『犬の脚が滑らない床』というのは必須だと私は思っております。
それも
出来れば犬侵入OKの場所は全部、とお願いしたいくらい。
フローリングの床の真ん中にラグを敷いて『絨毯を敷いたので大丈夫です』ではなく
犬がきちんと
肉球、指、爪で地を掴むことが出来るような環境を作って頂くことをお願いしています。
人間には大したダメージに感じない滑りが
犬の大切な関節や骨、筋肉を痛める可能性があります。
更に、クッション性のある床にして頂くことで
裸犬に発症しやすいハイグローマなどの病気抑制効果も期待できます。
大型犬の一生は短いです。
迎えたその日からケアしてあげることはとても大切なことです。
人間が気が付けない程度の積み重ねほど、恐ろしいダメージはありませんから。


☆運動
085.jpg
※ご覧のように…よく走ります。とほほ。

本来は、土の上での自由運動が何よりも有効だと思います。
骨格構成の維持、筋肉発達の促進、ストレス発散。
ですが、なかなか土の上をフリーで走らせてあげられる環境は少ないと思います。。。
実はこのワタクシメも、よそさまのお宅のランをお借りしてるんですよー。
ですので
出来る限りのリサーチは努力して頂きますよう、お願い申し上げます。
(ご自宅にものすごく広い御庭を持っていらっしゃる方には、何も申し上げることはございません~。
だからと言って
公園などでフリーにしている方も時々見かけますが、それは絶対にしないようお願いいたします。
(公園しか適当な場所が見つからないよー、という場合には、ザイルなどで作られた超ロングリードがお薦め)
他人さまに決して迷惑をかけないという信念は絶対に忘れずに。
生後2歳までは、土の上での自由運動が基本です。
もし、自転車引きなどをどうしても行いたい場合は
グラウンドや、土手のような土の上を走れる箇所を探しましょう。
アスファルト上の自転車引きは
あまりよろしくないと私は思っています。
人間だって
マラソンの時専用のシューズを履きますよね?
犬にはその衝撃吸収を代用してくれるものがありません。
大型犬は体がぐんぐん成長するので、あっと言う間に成犬になって充実したように見えますが
器の成長加速が早い分、中身の成長が追いつけないところが見受けられます。
中身(骨、関節をサポートする箇所)をゆっくりゆっくり確実に作ってあげることで
10歳過ぎからの老化の進み方の差が出てくると私は思います。
もちろん、脚側などの練習の為に
徒歩でお散歩にいくことは素晴らしい!
ただ徒歩散歩だけで、ワイマラナー当犬が満足しているのか?と聞かれれば
それは当犬に聴いてください。という感じのお答えになってしまいます。
ストレス発散がうまく出来ていない場合、どうしても近くにあるものを齧るなどの要因になりえますので
再び誤飲の可能性も高くなります。。。。
かなり面倒くさいのですが
それが大型犬(ワイマラナー)を飼うということ。
決して
見かけの好みだけで犬種を選ばないでくださいね。


以上でーす。
今までご面会された中で、ご質問の多いものを抜粋してみました。
もちろん、これは私の見解であってすべての子犬ちゃんずに適応するものではないかもしれませんが
生み出す側はそれなりに
生み出した命たちの一生分の幸せを祈り
その為の手助けをしたいといつも願っています。
今までの経験上
性格、体質などはほぼ両親犬からの遺伝であると確信しておりますから
両親犬ともに育成、管理をした者故の
ネットやお医者さんが解決できないようなことも
助言できる自分でいることを信念として持ち、繁殖をしています。

それではこれにて。
またすぐにお会いしましょう♪
スポンサーサイト

Posted on 2014/10/22 Wed. 18:47 [edit]

CM: --
TB: --

top △

2017-11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。