New entry

だだっこ白菜。 

蒸し暑いですね。

色んなとこからカビが生えそうなsao@saoです。ども。



さて ウルくんがお宅へ帰られて
涙ほろほろだったsaoさんも
ようやっと 色んなことが整理できつつある今日この頃です。
ま。特別。ほろほろするような事態でもない訳ですが
なんとなく
ほろほろしちゃうくらい
ウルくんとsaoさんの心が繋がっていたもので。

はふっ!
そう思っているのは、実は saoさんだけだったり?・・・なんて
いぢわるゆーの、やめてちょ。
ハートブレイクはハートブレイクでいいじゃないですか!笑笑


ま、こんな日々が続きますと
たくさんのワイマラナーを抱えているsaoさんでも、なんとなく特別優しくなってみたりして。
ウルくんのいた頃は
その対象が彼だった訳で。
ウルくんのいない今は
一番下っ端の 白菜がその位置を確保なされました。

ま。確保したのではなく
正しく云うと
saoさんが勝手に任命したのでありますが。

たくさん抱えていることで
saoさんには多大な任務が課せられています。
世間で、『飼いにくい代表犬』などと称されている(らしい)ワイマラナーですが
ここsao家では決してそんな状況ではなく
皆、きちんと秩序を守って暮らしております。
もちろん、saoさんの周りのお友達もみなさんそんな訳です。
若干、動きが騒がしいとか
躾が入りにくいだとか
神経質だとか
体が弱いとか
まぁ、本当に色んな噂話が回ってはまいりますが

saoさんは、そんなこと一度も
感じたことはありませぬ。


まぁまぁ。正しく云うと。


本当はそうなのかもしれないけれど

それを認めて諦めてたら 

犬との暮らしはおわっちまう訳さ。


と、いうことです。笑


飼い主は、毎日の犬との暮らしで
そのチームのリーダーとなり
そのリーダーの元で、犬たちは学び続けます。

良いことも。

悪いことも。


そんな訳で。

ここでひとつ。saoさんのダメっぷりをご覧頂きましょう♪


ウルくんなき空間で
『くねくね攻撃でアタックすれば、おっかないリーダーでも交わせるのね♪』
と学んだ白菜でございます。笑



あー。可愛い。
なんて可愛いんでしょーか。

世間で暴君と嘆かれる犬だなんて到底思えない可愛さ。





[広告 ] VPS



ま、結局は力づくでハウスさせられる運命なんだけれども。ねー。白菜♪

でもなんか

こんな風に甘やかす気持ちの時が、ちょっとばっかしあっても良いのでは?などと思いながら
甘やかすsaoさん。

たくさん抱えてるとね
こうやって 一頭一頭がそれぞれ主張するとき
その心情を理解したうえで、受け入れることも必要なのでは。と。
でないと、犬の心がつぶれてしまうんですね。

但し。
そっから先にエスカレートさせない自信と
犬の考えていることを正しく理解するお勉強は必要でありますわ。おほほほ。

線をひくとこは、きちんと定規で測るくらい まっすぐな直線で。

引かなくてもいいとこは、まぁ、まぁ。

でもこの!適当がっ

超 むじゅかしい。のですわ。



この場合の白菜の心情は

『ああ~ん。ハウス嫌~。許して~。』


では!なく。



『おかさんなんてちょろいのよ。

とっとと飯くわせろ。』



です。


気を付けろぞ~!あたし~!笑笑


************************************************************************
*************************************************************************


『里親さんを探しております。』
詳しくはこちらのエントリーをご覧ください。

良き御縁を御待ちしております。

************************************************************************
**********************************************************************


↓↓↓ランキング参加中。
にほんブログ村 犬ブログ ワイマラナーへ

にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ

FC2 Blog Ranking
↑↑↑ランキング参加中。
ワイマラナーVelvet tails別館へ

↑↑ショーリード1点追加しました♪



Posted on 2010/06/20 Sun. 08:38 [edit]

CM: 8
TB: 0

top △

2017-05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31